忍者ブログ
ソーシャル疲れをする人は実社会でも疲れている可能性大
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソーシャル疲れというのがあるけど、あれは本当に実感している。結局そこに人と人とのコミュニケーションがあるわけで、それは実社会のそれと全く同じである。実社会で疲れて帰宅し、ネットの社会でさらに社会生活を営む。自虐的な行為と言えるのではないだろうか。

SNSに依存しているわけでもなく、ソーシャルゲームにはまっているわけでもない。たいしてソーシャルサービスを使っているわけではない。自分ではそう思う。それでもそれなりに疲労してきた。

必要最低限の社会生活をし、そのあとは自分の殻に閉じこもる。それが一番ストレスは発生しなそうな気もするのだが、殻に閉じこもると不毛な考えのスパイラルに陥る事がある。それを紛らわすためにネットをやる・・・マッチポンプなのか?

結局のところ、リアルもネットも社会を生き抜くためには、それなりの強さが必要であり、それに対応できなければ、現代では生きるのがなかなか辛いというわけだ。それでも生きなければならない。それが運命なのだから、というのは些か大袈裟か。

PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
≪ Prev  HOME 
3  2  1 
じこしょうかい
リアルもネットも社会であり、そこで過ごすにはそれぞれいろんなルールやら何やらがあるわけで、結局同じなのかなと。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]